完了 ×

設定を変更する

居住国を選んでください。

バイ Wunderlabel オン 26/11/2019

クリスマスツリーをハンドメイド | Image

クリスマスツリーをハンドメイド

クリスマスツリーをハンドメイド


クリスマスはもうすぐそこ。 今年はクリスマスツリーをハンドメイドで作製しませんか。簡単に少しの時間で作製きます。完成したツリーは幅26cm、高さ30cmで、理想的でクリエイティブなクリスマスプレゼントです。wunderlabelのクリスマスステッカーでさらに気分を盛り上げましょう。

材料

● クリスマスらしい布生地
● ポリエステルのフィリング綿
● 糸
● デコレーション
● オリジナルタグ
● クリスマスギフト用ステッカーや下げ札

紙にテンプレートを描き、切り取ります。直角三角形、幅17.5cm、高さ30cmを描くことから始めます。大まかなガイドとして角度の付いた線を使用して、クリスマスツリーの半分を描く、 簡単に作製するには単純な図形がおすすめです。サンプルは3つの大きな枝を使うことに決めました。

テンプレートを使用して、各生地から 2 つの木の形状を切り取り、合計 6 つの部分を作成します。生地を半分に折りたたみ、テンプレートの直線エッジを折り線に当て、切り取った後に完全なツリーを取得します。


 

 


それぞれの生地の右側から2本の木を一緒に配置し、外側に沿って一緒に縫います。コーナーの場合は、生地のニールeでプレッサーフットを持ち上げ、生地を回します。そのために、0.75 cmの縫い目が必要です。後で木を回せるように、10cmの旋回穴を残しておくことが非常に重要です。縫い目の端を所定の場所に保つために、いくつかのバックステッチを作ります。枝の端部の縫い目の許容量をトリムし、縫い目自体を切断することなく、枝の下にカットを行います。そうすれば、木を回すと木がよりきれいに横たわります。


 

 

 
 

他の 4 枚の生地も同じ手順を繰り返して、合計 3 本の完成した木を作成します。木々をひっくり返し、コーナーをうまく形作るために尖った何かを使用しています。木にアイロンをかけ、各旋回穴の縫い目の許容量が内側に向かってアイロンをかけられることを確認します

 
iron-fabric-sew-christmas tree.jpg


3本の木すべてを互いの上に置き、上部と下部の中心を並べ上げます。一緒にピン留めし、中央線に沿って一緒に縫います。ヒント:特に注意したい場合は、チョークで中心のlラインに描きます。上部と下部の縫い目をバックステッチします。


 
sew-christmas tree1.jpg
 
sew-christmas tree2.jpg
 
sew-christmas tree3.jpg
t
木の右側の下部にラベルをアイロンで接着します。

アイロン接着用織りネーム

木のセクションの中にポリエステルなどのフィリングを詰めます。最初に各セクションの上部を詰め込み、次に中央と下を最後に詰め込む方が簡単です。各セクションを別々に詰め込み、すべての途中で詰めると、木の上部にフィリングを押し込むのはかなり難しくなります。


 


最後に、ラダーステッチを使用して回転穴を閉じます。あと必要なものはクリスマスツリーの上に縫い付ける小さな鐘や星です。あなたの手作りのクリスマスツリーを贈り物にしたい場合は、パッケージもオリジナルに。オリジナルの下げ札やステッカーであなたのギフトに仕上げます。


 

 

さぁ、素敵なクリスマスツリーができました。次回は布製の星を作製をハンドメイド