重要:必ずご覧ください】大変申し訳ございませんがパンデミック等の影響にて記載納期より遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。Covid-19情報ページ

完了 ×

言語

日本 ( Japanese ) JA
flag_ja
Englisch
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Portugalski
日本 ( Japanese )
Svenska

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 07/18/2022

チュートリアル: オムツバッグをハンドメイド

チュートリアル: オムツバッグをハンドメイド

赤ちゃんがいる家庭では持ち運び用のオムツ入れは必需品です。写真付きチュートリアルで、必要な材料を紹介し、おむつバッグを作成するすべてのステップを紹介します。
交換用ポーチの寸法は約です。 サンプルのサイズは折りたたんだ状態で約28x19cmです。

オムツバッグに適した素材

オムツバッグの素材は、綿、リネン、デニムなどの非弾性生地を使用できます。 

オムツバッグの補強

バッグを補強してパッドを入れるには、ボリュームフリースが必要です。


材料:

-28 x 18 cm (+1㎝の縫い代)のコットン生地4枚
-36 x 28 cm (+1㎝の縫い代)のコットン生地4枚
-パッド(補強用ボリュームフェース)28 x 36 cm
-ゴム
-糸
-オリジナルの織りネーム

はじめに

1.このバッグはパターン(型紙)なしで縫えます。おむつバッグには、28 x18cmのパッドが2つと28x36cmのパッドが1つ必要です。 外側の生地/内側の生地には、生地または合計4枚の28 x 18 cm(1 cmの縫い代)と2枚の36 x 28 cm(縫い代付き)を使用します。 また、長さ3 cmのゴムと、もちろん、オリジナルの織りネームも必要です。

オムツバッグをハンドメイド

2.写真のように準備が整いました。 ウェットティッシュ部分のバッグには、4つの布地のうち2つが必要です。この生地に正確に中心に印を付けます(対角線に印を付けます)。

オムツバッグをハンドメイド

3. オムツ替えで普段使っているウェットティッシュの袋が必要です。

オムツバッグをハンドメイド

4. ふたを開けて、印をつけた中心に正確に置きます。 ふたの中央をガイドとして使用し、鉛筆でふたの周りをなぞります。  

オムツバッグをハンドメイド

5. 必要に応じて、布からふたを取り外した後、ふたの形を描きうつします。

オムツバッグをハンドメイド

6. 次に、後で生地を開口部の周りをどのくらい開けたいかに応じて、ふたの開口部を0.5〜1cm広げます。

オムツバッグをハンドメイド

7. 次に、2.5直線のステッチで外側の線の丸みを縫います。

オムツバッグをハンドメイド

8. 以下に、使用される設定を示します。 

オムツバッグをハンドメイド

9.再度、しっかり縫えているか確認してください。

オムツバッグをハンドメイド

10. 生地を半分に折り、内側の楕円形を切り取ります。 

オムツバッグをハンドメイド

11. 次に、小さな三角形をたくさん切り取って、曲線を作成します。 縫い目を切らないように注意してください。切ってしまうと、もう一度縫う必要があります。 

オムツバッグをハンドメイド

12. 次に、生地を開口部に通し、内側の縁にきれいにアイロンをかけます。 

オムツバッグをハンドメイド

13. すべての縫い目に3.5直線ステッチを設定して縫い使用します。 

オムツバッグをハンドメイド

14.なるべく 端で縫い、端の縫い目をしっかりとロックするようにしてください。

オムツバッグをハンドメイド

15. ウェットティッシュの蓋が、縫った開口部から実際に開くことができるかどうかを確認します。 

オムツバッグをハンドメイド

16. これで、長辺の1つで2つの小さな布片を縫い合わせることができます。 それらを一緒に平らに置きます。 

オムツバッグをハンドメイド

17. 蒸気を押え金の幅に縫い付ける。

オムツバッグをハンドメイド

18. 次に、インターフェースが必要になります。

オムツバッグをハンドメイド

19. 作成したポケットに簡単にアイロンをかけ、2層の布の間にフリースを置きます。 後でずれないように、コーナーをピンで固定します。

オムツバッグをハンドメイド

20. すべての部品を取り付ける前に、ウェットワイプ開口部の上側を閉じる必要があります。 これを行うには、両側(表と裏の生地)の縫い代を押して折り、次に生地を互いにきちんと重ね、ピンで端を固定します。

オムツバッグをハンドメイド

21. 3.5直線縫いで、縫い目を再び端の近くで縫います。 

オムツバッグをハンドメイド

22. これで、すべてのピースを一緒に縫う準備が整いました。 

オムツバッグをハンドメイド

23. 開口部が右になるようにポーチを置きます。 

オムツバッグをハンドメイド

24. パッド入りのポケットを左側に置きます。 すべての部品をピンまたはステープルで固定します。 次に、エラスティックをパッド付き側に固定します。

オムツバッグをハンドメイド

25.織りネームを好きな側に縫い付けます。 次に、左右を直線縫いで、できるだけ端を縫います。 この継ぎ目は、単にすべてのピースをまとめるためのものです。 

オムツバッグをハンドメイド

26. 外側の布地の右側を前に縫い付けた布地の上に一緒に置き、すべてを所定の位置におき、ピンで留めます。 片側10cm。 ポーチをできるだけきれいに、そしてきちんと縫い合わせてください。

オムツバッグをハンドメイド

27. 角を切り取って形を整えます。

オムツバッグをハンドメイド

28. バッグを開口部に通し、角を形作ります。 

オムツバッグをハンドメイド

29. これで、残りのパディングをポーチに入れることができます。 必要に応じて、おむつバッグに飾りの縫い目を追加するとフリースを所定の位置に保つのにも役立ちます。

オムツバッグをハンドメイド

30. 最後に、マットレスステッチで開口部を閉じます。オムツの交換ポーチが仕上がりました!ベビーが生まれるお友達へのレゼントにもご使用ください。 

オムツバッグをハンドメイド

オムツバッグをハンドメイド

オムツバッグをハンドメイド

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。