完了 ×

By Kazumi on 15/10/2018

クレヨンロールをハンドメイド

クレヨンロールをハンドメイド

余った端切れ布がかわいいクレヨンロールに大変身!   子どもも大人も大好きかわいいポケットタイプのクレヨンロール。クレヨンだけでなく文房具の整理にぴったりです。 簡単につくれるクレヨンロール。くるっと巻くタイプのペン収納布です。大切な文具の保護にもなります。サンプルは、12x25cmのサイズですが、必要に応じてサイズチェンジをしてください。   材料:
  • 布地 お好きな端切れ布
  • 布に合った色の糸
  • ゴムひも
  • インタフェース-軽量の織られないインタフェースというS320をサンプルでは使用。またはペロンクラフトヒューズでもOK。
    生地をカットする - クレヨンロールの内側と裏地には14 x 27cm、ポケットを形成するには16 x 27cm(6インチx 11インチ)の片方が必要です。 また、14 x 27cm(5.5 x 11 ")のインタフェースを必要とします。 ポケット部分を半分の長さに、もう方側を一緒に折りたたみ、折り目をきちんと押し、縁の近くでトップステッチします。   [gallery ids="2221"]   ポケットピースをライニングピースの底の近くに置き、右側を合わせて生の端を並べます。 1つの短い辺から3.5cm(1½ ")の線をマークします。 ポケットに沿って2.5cm(1in)離れた線を引き続き引きます。最後の線はもう一方の短い端から3.5cm(1½ ")にする必要があります。   [gallery ids="2222"]   ラベルを付ける場合は、ポケット部分に縫い付けてください(ライニングは縫い付けないでください)。ラインから0.5cm離れ、ポケットの上から1cmの場所になります。 これらの線に沿ってポケットとライニングを一緒に縫います。 ラインの上端にバックステッチするか、狭いジグザグステッチでポケットの上端を固定します。 長さ18cm(7インチ)の弾性片を切断し、短い端の1つ、つまりポケットの真上にあるライニング片に端を塗ります。 エラスティックは、生の端が整列した状態でライニングピースに向かって配置されている必要があります。   [gallery ids="2223"]   アウターピースとライニングピースをポケットに一緒にピン止めまたはクリップし、右側を向かい合わせにします。 1cm(1/2インチ)のシーム余裕を使用し、下端の長辺をオンにする場合は約8cm(3インチ)の隙間を残して、エッジ周りに縫い付けます。 ターニングギャップの前後にバックステッチを忘れないでください。 あなたの縫い目を切らないように注意しながら、クレヨンロールの角をトリミングします。 これは、次のステップでコーナーをきれいにするのに役立ちます。   [gallery ids="2224"] クレヨンロールを正しい方向に回し、慎重に押してください。 内側に折り込まれた縫い代で閉じた回転穴をピン止めするかクリップします。 エッジの近くのクレヨンロールの周りをトップステッチします。   [gallery ids="2225"]   完成しました!   [gallery ids="2226"]