Custom Clothing Labels
Hang Tags & more

冬物ワードローブの保管について

冬のワードローブを保管するのは難しいことではありません。

杉のボールや袋は、害虫を抑止しながら新鮮な匂いを維持します。ぜひ利用しましょう。

 

 誰もが自分のワードローブのすべてを季節ごとに保管できるような広々としたウォークインクローゼットを持っているわけではありません。多くの場合、冬の衣類、靴、ブーツ、コートは、夏服のためにきれいにしまい保管する必要があります。ワードローブをきれいなまま保管するために、少しヒントになりますように。

 

ますは洗濯、汚れ拭き

夏の間は冬のアイテムを保管する前に、すべての衣服、ジャケット、コート、帽子、スカーフがきれいで、香水や消臭剤を含まないようにしてください。靴とブーツは汚れをふき取ります。

 

 

ノンデリケート

非デリケートな衣類はプラスチックケースで保管することができます。あまりにもしっかりとそれらをパックしないで、いくつかの呼吸の部屋を残してください。より大きくて重いアイテムを下に置き、小さくて軽いアイテムを上に重ねることから始めます。杉のボールや袋を入れて害虫を抑え、衣服の臭いを新鮮に保ちます。

 

デリケート

天然繊維製の繊細なアイテムは、綿の梱包箱などの通気性の良い容器に保管してください。酸を含まないペーパーに包み込み、ゆっくりと箱に入れてください。デリケートなアイテムを保管するときは、シダーボールやサシェもいいアイデアです。害虫は、天然繊維は天然素材が大好きです。杉はその害虫からワードローブを守るための素晴らしい方法です。

 

靴とブーツ

靴とブーツは綿の袋で保管します。大切なのは靴の中に木片を入れることです。木は靴がその形状を維持するのを助け、綿の袋は害虫を抑えながら塵を無く保ちます。

 

 

レザー、ファー、スペシャルアイテム

折り畳まれた後に折り目がつく傾向があるため、レザーアイテムは吊り下げられ、綿の衣服バッグで覆います。ファー、フェイクファー、スパンコール、その他の重いものや折り目のついたものも同じです。ハンギングは、衣服の形状を維持しながら、しわやしわから保護します。

 

 

プラスチックケースにアイテムを保管することは、12シーズンしか保管されていない場合でも問題ありません。長い時間が必要な場合は、コットンケースがおすすめです。衣服をプラスチック製の保管用真空バッグに保管しないでください。気流の欠如のため、型が崩れる可能性があります。衣服は直射日光の当たらない涼しく乾燥した場所に保管するのが最善です。

 

さあ、自信を持っ保管!次のシーズンもきれいなまま使えますように。

フォローとシェアを!
Facebook
Facebook
INSTAGRAM
RSS
フォローする

コメントを残す

ブログはいかがでしたか?お友達にもお伝えください。

Facebook
Facebook
INSTAGRAM
RSS
フォローする