Custom Clothing Labels
Hang Tags & more

ラグランスリーブTシャツを作ろう

 

ラグランスリーブTシャツを作ろう

脇に切り替えの入ったラグランスリーブTシャツは定番の人気スタイル。

自分だけのデザインのラグランスリーブTシャツを作ってみましょう。

 

脇に切り替えの入ったラグランスリーブTシャツは夏の一押しアイテムです。

ハンドメイドには難しそうに見えますが、このブログをヒントに簡単手作りできます.

 

材料

生地ヤードのパターンを参照してください。私たちは、袖とシャツの身体の両方に同じ色を使用しましたが、対照的な色の生地やコーディネートする色でも素敵です。ネックバンドには別の生地を使用することもできます。伸縮性のある生地をおすすめします。

テーラーメイドチョーク(またはお気に入りのファブリックマーキング方法)

布地に合わせた糸

ボールペンまたはジャージミシン針

オプション:ヘミングとトップステッチのツインニードル

オプション:あなたのシャツのヘミングを簡単にするワンダーテープ。 ワンダーテープとは、洗濯してステッチが消える両面透明テープです。

 

パターンを選びます。見本ではhttp://www.patternsforpirates.com/product/slim-fit-raglan/

パターンを出力しました。指示に従ってください。

 

自分のサイズを測定します。胸囲、腰囲、臀囲(お知りの一番大きい部分)を計ってください。自分で測るよりも身近な人に測ってもらうと簡単です。

 

どのサイズを作るのかを決めます。 3つの測定値すべてが1つのサイズにきれいに収まる場合は、そのサイズを選択します。そうでない場合は、サイズ間を調整する必要があります。たとえば、私たちのモデルの測定値は、バストとヒップがXSでしたが、ウエストのSでした。そこで、バストのXSサイズとウエストのSサイズの間に滑らかなラインを描き、ヒップの高さでXSラインに向かって曲がるデザインを作成しました。表と裏のパターンの両方を調整することを忘れないでください。袖には、バストの測定値が合うサイズを使用してください。

 

パターンをトレース(書き写す)、またはカットします。(マスターパターンを使用して他のサイズを作ることができるようにサンプルではトレースしています)、サンプルでが半袖のシャツレングスのラグランを裾の袖と身頃で作ります。 パターンをトレースする場合は、マーキングやノッチをトレースに転送してください。

 

パターンを布にコピーします。生地を半分に折り返し、生地の両面が平らになっていることを確認します。パターンの部分を布の上に置きましょう。ラグランのシャツには、2つの袖、1つのネックバンド、1つの前部と1つの後ろが必要です。正面、背中、ネックバンドを折り目の上に、スリーブピースを折り目から離して置きます。両方のレイヤーをカットすると、左右の袖の部分が両方ともあります。パターンピースをピン止めするか、パターンウェイト(またはあなたが持っているものであれば何でも構いません)を使って、止めることができます。

 

チョークを使用して、ノッチやマーキングを記すことを忘れずに、すべてのパターンを描きます。パターンの部分を取り除きますが、まだ布を展開しないでください。ほとんどのパターンには、パターンの縫い目の余裕が含まれていますが、カットしない場合は追加する必要があります。

 

写した型の通りに生地を切り取ります。その間に生地のの両方のレイヤーをまとめて保持するために、描画されたピースの内側にピンをつけ、ハサミまたはロータリーカッターとマットを使用してピースを切り取ってください。ノッチになると、それを外側にカットするか、シームの余裕に少しだけスニップしてスポットをマークすることができます。製作中にノッチが必要になります。三角ノッチを内側にカットすると、

シーム(縫い目)が弱くなるので、この方法を避けてください。カット終了後にピンを取り外してください。

 

ラグランの正面に一本の袖を固定するか、右の両脇を一緒にします。シームの上端と下端、およびノッチを一致させます。

 

パターンで指定された継ぎ目余裕とミシンのストレッチステッチを使用して継ぎ目に沿って縫います(ステッチは狭いジグザグステッチまたはオーバーロック/セラーを使用することもできます)。ニット生地を使用しているので、縫い目を仕上げる必要はありませんが必要に応じて仕上げることができます。

 

もう片方も同じように仕上げます。

 

今度は一度に1つずつバックを付けて、袖をラグランの後ろにピン止めにし開始点と終了点を合わせます。

 

次に、脇と脇の下の縫い目を縫います。 仕上がったシャツのように並べて(右側を合わせて)、袖の両側と身体の前と後ろを合わせます。 下裾、脇の下の縫い目、袖の裾を合わせます。 シームを一緒にピン止めするかクリップします。 前と同じストレッチステッチを使用して両側の縫い目を縫います。

 

ネックバンドの短い端を一緒に縫い合わせます。

 

ネックバンドを縦方向に折って押します。ネックバンドの正面中央を半分に折り曲げ、反対側の縫い目余裕 (シームリッパーが指しているところ)にマークを付けます。

 

縫い目をセンターのフロントマーキングに合わせ、次のステップのために1/4の場所にマークを付けます(写真参照)。

 

ブランドタグをつけます

 

ネックバンドとネクタイブの生の縁とシャツの外側のネックバンドを合わせてネックバンドを取り付けます。 正面と背面の中心点と4点をピンまたはクリップで止めます。 ネックバンドの縫い目は、シャツの後ろになります。シャツに合わせてネックバンドを伸ばしますが、シャツ自体を伸ばしてはいけません!もしもネックバンドが短い場合はステッチの長さが長いストレートステッチを使用してネックバンドをつけることができます(後で縫い目を伸ばす必要があります)。

 

それ以外の場合は、ストレッチステッチと0.75cmの縫い目の余裕にネックバンドを縫い付けます。

.シーム(縫い目)を完成させるためのトップステッチ -ミシンでツイン針を使用できる場合は使用します。そうでない場合は、狭いジグザグを使用して、ネックバンドが引き伸ばされるようにします。縫い目に跨いでも、縫い目の近くに縫い付けてもかまいません。

 

今度は、袖と体を裾にかけてシャツの底を2.5cm上に袖を1.25cm上に折って押してください。または一時的にテープを使ってヘムを固定することもできます(シャツが完成すると洗い流されます)。ヘミングにツイン針またはジグザグを使用することができます。

完成です!

 

 

Seamstress: Emma Lorenz

フォローとシェアを!
Facebook
Facebook
INSTAGRAM
RSS
フォローする

コメントを残す

ブログはいかがでしたか?お友達にもお伝えください。

Facebook
Facebook
INSTAGRAM
RSS
フォローする