完了 ×

By Kazumi on 05/03/2018

トマトの針刺しをハンドメイドで

トマトの針刺しをハンドメイドで

針刺しの歴史は長く,ヨーロッパの中世にまでさかのぼります。ビクトリア時代にトマトの形の針刺しがイギリスで作られました。当時はトマトをマントルに置くと幸運がもたらされると考えられていました。トマトがない季節には、砂やおがくずをいれたトマト型が使われました。そこから、ハンドメイドのトマトの針刺しが生まれたのです。 簡単なステップでお好みのトマトピンクッションを作成してください。   材料: 幅の2倍の長さの赤い布の長方形 緑色または茶色のフェルト 緑色または茶色の刺繍糸 刺繍針 手芸用接着剤 中に詰める綿など   さぁ始めましょう!   布を半分に折ります。布の折れた端と反対側の側面と底に沿って縫います。小さな袋のようになります。 [gallery ids="2040"]     「袋」の縫い付けられた底を集め、糸を下に巻きつけて結んで、固定します。     [gallery ids="2042"]   開口部の上部に沿ってランニングステッチをします。上部を引き上げるのに余分を残します。   [gallery ids="2043"]   できるだけパンパンに詰めてください。   [gallery ids="2044"]   ゆっくり閉じた刺繍糸を引っ張り、上に固定します。   [gallery ids="2045"]   トマトセンターと外側の周りをステッチし、約5〜6回巻きます。糸を下に結び、ステッチを固定します。   [gallery ids="2046"]   [gallery ids="2049"]   フェルトを星の形に(葉のために)カットし、必要に応じて中央を通って糸のループをステッチします。   [gallery ids="2050"]   クラフト接着剤を使用して、フェルト葉をタックダウンし、完全に乾燥させます。   [gallery ids="2051"]   トマトの針刺しが完成しました。 [gallery ids="2052"]