重要お知らせ:必ずご覧ください】ご決済からサイトへの反映までお時間をいただきます。納期は遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。最新のお知らせ

完了 ×
ショップ 
flag_ja
 / 言語 
flag_ja
English
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Português
日本 ( Japanese )
Svenska

Unsere deutschsprachigen Shops

Nos boutiques francophones

Nuestras tiendas de habla hispana

Nuestras tiendas de habla italiana

Onze Nederlandstalige winkels

Nasze sklepy mówiące po polsku.

Nasze sklepy polskojęzyczne

私たちの日本語を話す店舗

Våra svensktalande butiker

通貨を選択してください

バイ Kazumi オン 2017/07/24

子どもにおしえるソーイング

子どもにおしえるソーイング

かわいい子どもにソーイングを教える・・・なんて素敵なことでしょう。創作活動は

子どもの想像力を大きくのばします。でもなかなか大変なのも事実。さぁそんな時は

このブログを読んで元気を出してください。

【ハンドメイド作家 リンジー】

私はいつも子どもにソーイングを教えることを楽しんできました。私が最初に縫製を始めのは16歳くらいでした。教えてくれる人がいなかったので、試行錯誤だけですべての基本を学びました。まずは手縫いから始めました。私の最初のプロジェクトは、私の部屋のためのパッチワークカーテンを作ることでした。すべてを手縫いで仕上げました。それは数週間かかりましたが、完了した時点で私はとても誇りに思っていました。私は手縫いからたくさんのことを学びそしてミシン縫いにとりかかりました。たくさんの枕製作やその他の簡単な小物を作ることでミシンというマシンに慣れていきました。服を縫うことも始めました。創作活動で新しいアイテムを作るためのパターンとして自分の服をたくさん使いました。姪が生まれ自分が叔母になったとき、私は即座に自分のデザインの服を彼女に着せたいと思いました。そして、彼女に興味があるならソーイングの世界を彼女に紹介したいと思ったのです。

子どもにおしえるソーイング

縫製には1トンの忍耐が必要で、子どものいる方の多くが知っているように、それはほとんどの子どもが持たないものです。彼らが興味を示し、好きでないかもしれない何かを学ぶようにプッシュされていないことは事実であり重要です。あなたにエキサイティングな何かは、いくつかの子供に退屈で疲れているプロジェクトのように見えるかもしれません。彼女が約3歳の時に私はテイラーを縫製に導入し始めました。そして私が縫う姿を彼女に見せることが始まりでした。彼女は私の膝の上に座り、私のソーイングを見ていました。私はファブリックコレクションを通して、使用する色や布を選ぶのを彼女に "お手伝い"をさせました。簡単なミシンの作業もお手伝いしてもらいました。そいて彼女は魅了されました。彼女は、一緒に選んだ生地が特別なものに変わるのを見ているのが大好きになりました。私が彼女のために作ったと知っていたかわいいドレスを着ることを愛しました。私たちが一緒に時間を過ごすのはとても楽しい経験でした。彼女が8歳くらいになったとき、私は彼女が本物のものを試してみるべき時だと決めました。 6歳から10歳の間は、通常、始めるには楽しい時間ですが、すべての子供は異なっています。彼らが尋ねて興味を持っているように思えば、試してみることができます。彼らが数時間愛していることかもしれないし、何週間も何も言及していないかもしれません。あなたは、彼らがいつそしてどれくらい縫いたいかを決定させるだけです。

子どもにおしえるソーイング

以下は、私が私の人生でキッドに縫い物の素晴らしい世界を教えるために使ったヒントのいくつかです。

手縫いで始めましょう。手縫いは初心者にとって重要な第一歩です。縫製を学ぶ人はすべて基本から始めるべきです。縫い目がどのように機能するのか、縫い目が長いほど遠く、縫い目がより緩やかになる方法を説明してください。どのように針をスレッドする方法とスレッドを安全に保つ方法を示します。スレッドが緩んでいる場合は、スレッド自体を再スローします。スレッドを少しシンプルにするために大きな目で針を購入することができます。マーカーや色の付いた鉛筆を使い、布にさまざまな形を描くこともできます。それからあなたの子供があなたが描いた線に沿って縫うようにしてください。コストを抑えることができるファブリックストアでファブリックの残骸を購入することはできますが、実践にあたってはさまざまなファブリックオプションを利用できます。

単純にする!新しい縫製学生を教えるとき、これは本当に重要なことです。ルールの巨大なリストではなく、概念を理解することは、子どもの興味を保ち、あなたと離れて自分のセンスと力で創造することを学ぶのに役立ちます。針の大きさやステッチの種類に慣れていないで、練習が必要です。シンプルに教えることは、最初から最後まですべてを説明しようとするよりはるかに役立ちます。これは、子どもがミシンを始めたときに特に重要です。

子どもはそれぞれが自分の感覚で感じます。一致していなくても、希望するファブリックと糸の色を選択させてください。彼らが好きな形が何であるかを聞いて、それを使って、彼らが特に彼らのために選んだものを作っているように感じさせてあげてください。

Don’t miss out: subscribe to the Wunderlabel Newsletter!

Wunderlabeのニュースレターでクリエイティブなヒントからお得な情報までチェックしましょう。