完了 ×

設定を変更する

バイ Kazumi オン 03/07/2017

ハンドメイドでビーチバッグ

ハンドメイドでビーチバッグ

夏到来。海へプールへお気に入りのビーチバッグを持ってお出かけしましょう。ビーチバッグを早くで簡単にハンドメイド。このビーチバッグは、必需品をスタイリッシュに演出します。   材料 生地 0.5m ライニング生地0.5m(ライニングとアウターに同じ生地を使用) 接着シート サンプルはVlieseline S320を使用 持ちて用2.5mのロープ - 1cmの厚さでお試しください グロメット4つ(ロープがグロメットにフィットすることを確認してください) 布地に合わせた糸   [gallery ids="1696"] 完成寸法:38x48cm   41x51cmの外側生地と41x51cmのライニングをカットします。 グロメット部分補強用接着シートを5x41cmにカットします 各生地を80x51cmの長方形にカットします。 外側の布辺の1.25cm内側を縫います。   [gallery ids="1697"]   生地の向きを確認してください。裏地を使って繰り返します。縫い目を開いてください。   [gallery ids="1698"]     メーカーの指示に従って、接着シートを外側バッグの短い縁につけます   [gallery ids="1700"]   ラベルを付ける場合は、ライニング生地の中央上部から4cm下に縫い付けます。   [gallery ids="1701"]   ワンダーテープは、ラベルを縫い付ける際にラベルの移動を一時的に停止するのに役立ちます。糸の端を短く切断するか、逆側に引っ張って結びつけることができます。   [gallery ids="1702"]   外側の生地を半分に折り曲げ、一緒に短辺を合わせ、右側の辺を合わせ、袋の上端1.25cmの縫いしろとバックステッチを付けて、外側ファブリックの長辺を縫い付けます。   [gallery ids="1703"]   裏地を重ねることを繰り返しますが、今回は穴の前後にバックステッチして片側の継ぎ目に10cmの穴を残します。縫い目を開いてください。   [gallery ids="1704"]   横の縫い目が下の縫い目と一致し、角ができるように1つの角を一緒に折ってください(下の図を参照)。 [gallery ids="1705"]   その点から5cmを横切って直線を縫い合わせ、コーナーをトリミングして、縫い目の半分1.25cmの余裕を残します(写真参照)。他のコーナーでも、裏地の両方のコーナーでも同じ手順を繰り返します。   [gallery ids="1706"]   [gallery ids="1707"]   外側のバッグを右に回して、ライニングバッグの内側に置き、右側が一緒になるようにします。サイドの縫い目に合わせて上端を合わせ、1.25cmの縫いしろで縫います。   [gallery ids="1708"]   ライニング布の穴を通してバッグを正しい向きに回します。   [gallery ids="1709"]   上端の近くでバッグとトップステッチを押してください。縫い目をロールバックする必要があります - バッグが完了したときに裏地が見えないようにしてください。ステッチの長さを長くすれば、トップステッチングはよりきれいに仕上がります。   [gallery ids="1710"] [gallery ids="1711"]   折り返し隙間の縫い代を折って手で閉じ、ラダーステッチ、または端に近いマシーンステッチを対応する糸で締めます。   [gallery ids="1712"]   ハンドルのグロメットを取り付けるます。最初に持ちてがバッグに取り付けられる場所に印をつけます。穴の中心は、バッグの上部から2cm下がっている必要があります。サイドの縫い目を一緒に折り畳んで上部のセンターを見つけ、各サイドから7.5cmを測定し、チョーク(または他のマーキングツール)で印をつけます。両側を繰り返します。   [gallery ids="1713"] [gallery ids="1714"] [gallery ids="1715"]   グロメットに付属のツールを使用して、適切なサイズの穴を十字の中心に合わせてパンチします。   [gallery ids="1716"]   付属のツールを使用してグロメットを取り付けます。   [gallery ids="1717"]   最後のステップは、ロープのハンドルを追加することです - ロープの2つの長さを125cmの長さに切断し、グロメットに両端を通します。お好みで短くし、結び目をさらに伸ばして余分なロープをカットしてください、ライター(ポリエステル製のロープを使用している場合)で端を焼くか、解き放ててください。サンプルでは結びを解くことを考え2.5cmを残しました。   [gallery ids="1718"] さぁ、海へプールへ! [gallery ids="1719"]