重要お知らせ:必ずご覧ください】ご決済からサイトへの反映までお時間をいただきます。納期は遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。最新のお知らせ

完了 ×
ショップ 
flag_ja
 / 言語 
flag_ja
English
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Português
日本 ( Japanese )
Svenska

Unsere deutschsprachigen Shops

Nos boutiques francophones

Nuestras tiendas de habla hispana

Nuestras tiendas de habla italiana

Onze Nederlandstalige winkels

Nasze sklepy mówiące po polsku.

Nasze sklepy polskojęzyczne

私たちの日本語を話す店舗

Våra svensktalande butiker

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 2021/04/27

ボタンの付け方

ボタンの付け方

朝、お気にいりのブラウスを選んだらボタンがとれていて・・・ということがありませんか。もちろんハンドメーカーさんにとってのボタン付けは簡単な作業かもしれません。しかし基本をしっかり学び直すことで、よりきれいに、とれにくいボタン付けができます。ビギナーさんにもプロフェッショナルさんにもお役立ちのチュートリアルです。

ボタンの縫い付け方法は違うの?

ボタンを取り付けるには、さまざまなアプローチとコツがあります。 ボタンの種類によるものもあれば、バリエーションで手元にある素材に次第の方法もあります。 ここでは、最初にボタンの種類ごとにいくつかの手順を示し、次にテクニックごとの手順を示します。

ボタンの付け方- ボタンタイプごと 

  • 2つ穴ボタンは?

        シンプルに生地とボタン穴を縫い付けるだけです。 

  • 4つ穴ボタンは?

       方法は2穴の場合と同じですが、4穴のボタンの方が丈夫で、取れにくくなります。

  • 足付きボタンは?

       この手法は、一般的に厚い生地で作業するときに使用されます。 アイレット(足)はボタンを閉           じやすくし、ボタンがとれるのを防ぎます。T 

  • 糸で足をつくるボタン付けは?

       足のないボタンですが糸で足を作る縫い方です。 

  • スナップボタンがある場合は?

        2つ目のボタンは生地の反対側に取り付けられ、フロントボタンと同時に縫い付けられており、ボ         タン穴が必要ないタイプです。


ボタン付けの方法 – メソッドごと

ミシンで縫う場合:ほとんどのミシンには、標準でボタンや糸足付きのボタンを取り付けるための特別なミシン足があります。


手縫いの場合: 針と糸で使った素早く簡単に取り付けられます。必要な強度に基づいて、また生地の色や質感に合わせた糸を選びましょう。

チュートリアル:ボタンの付け方 

さぁ始めましょう: 

材料: 

  • ソーイングプロジェクト(何を作るか?) 
  • 生地を補強するためのインターフェース-VlieselineのG700を使用しましたが、お好みの不織布を使用できます
  • ボタン
  • 縫い糸 
  • 裁縫用ペン 
  • はさみA 

ボタンの縫い付け方

最初のステップは、生地の裏側(ボタンが縫い付けられる場所)に、アイロン表示に従いアイロンをかけます。 ボタンを配置する場所をマークします。 縫製パターンを使用している場合は、提供されている指示に必ず従ってください。 ボタンを生地の上に置き、ボタンホールを通してチョークで位置をマークします。

buttons

buttons 2

手縫いとミシン縫いの2つの方法があります。 

→ 手縫い

手でボタンを縫う方法を紹介します。針に糸を通し、糸の端に結び目を作ります。 次に、生地を下からボタンの穴の1つに縫い付けます。 ボタンに2つの穴しかない場合は、2番目の穴からステッチして、生地に戻します。これが最初のステッチです。

buttons 3

buttons 4

ボタンに4つの穴がある場合は、隣り合う2つの穴に交互にステッチして2つの平行線をステッチするか、対角線上にある穴に交互にステッチしてクロスパターンを作成するかを選択できます。 2つまたは4つの穴で作業している場合でも、ボタンがしっかりと取り付けられるまでステッチを繰り返します。 ボタンを簡単に閉じることができるように、ステッチをきつく引っ張らないように注意してください。 生地の裏側の糸に結び目を作り、余分な部分を切り取ります。

buttons 5buttons 6

→ ミシンでの取り付け方

ミシンでの取り付け方の紹介です。ミシンにジグザグステッチまたはボタン縫い設定がある場合は、それを使用できます。 針がボタンの穴を正確に通過するようにステッチ幅を設定します。 これはミシンのダイヤルで確認できます。通常、穴の間の距離は標準に設定されています。 ジグザグステッチを使用している場合は、ステッチの長さをゼロに設定します。 ステッチを固定するために、穴の1つを数回縫うことから始めます。 次に、ボタンが固定されるまでジグザグにステッチします。 仕上げには、ステッチが外れないように、さらに数ステッチを縫います。 ボタン縫いの設定を使用している場合は、必要に応じてステッチ設定を調整するだけです。それ以外はすべて自動的に行われます。 あとは糸の端を切り落とすだけです

buttons 7

最後に:生地が厚い場合は、マッチを2,3回使用して、縫製後にボタンが簡単にしめられるようにします。ボタンと生地の間に置いて、上記のように縫うだけです。 後で一致を削除すれば完了です。 これにより少しボタンと生地の間に隙間ができてボタンがしめやすくなります。 一部のミシンには特別な縫製脚があり、生地を厚くするために高さを調整して、ボタンと生地の間に余裕を持たせることができます。

buttons 8

ズボン、ジャケット、シャツなどにボタンのボタンの縫い付け簡単です。
そして練習するほど早くなります。ボタンの縫製をマスターしたら、オリジナルラベル(https://wunderlabel.jp/woven-labels/)の取りつけに進みましょう。チュートリアルから
ラベルの取り付け方(https://wunderlabel.jp/blog/p/how-to-attach-wovenlabel/)を参照にしてください。

Wunderlabelのブログをお見逃しなく

折加工のある織りネームの縫い付け方

洋服にはサイズタグを

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。