完了 ×

設定を変更する

バイ Kazumi オン 18/03/2019

キルティングピローをハンドメイド 5ステップⅡ

キルティングピローをハンドメイド 5ステップⅡ

前回ご紹介したキルティングピローに必要な生地のヒントです。 必要な生地の種類。キルティング作製のためには綿の布(伸縮性のあるニットやジャージータイプの布ではない)から始めてください。形状が適切に保たれ、正確な直線で縫えます。オンラインキルティングショップがたくさんあります。あるいは、近くにキルトショップにて購入できます。異素材生地同士を直接比較する方が簡単です。キルティング初心者にとって、キルティングコットンは始めるのに最適な素材です。厚すぎるものは避けてください。 枕の色を決めます。淡いパステルから明るくて強いまで、2つまたは3つの対照的な、あるいは補色の組み合わせ、スタイリッシュなニュートラルまたはさらには虹全体までの1つの色の色合いを試すことができます。アイデアを見つけるのに苦労しているなら、Pinterestやキルティングブログはたくさんのインスピレーションを持っています。今回は上品なパステル調にするために、ブルーとピンクのファブリックを選択しました。 [gallery ids="2317"] [gallery ids="2318"] 生地2つの主要な色を使っているならば、数を均一に保ち、それぞれの色で1つか2つの生地を選びます。それぞれの布の色を考えてみてください。それはどれくらい暗いのですか、それとも明るいですか?これを評価するには、検討中の布地の写真を撮って白黒にするのが良いでしょう。暗い布地は、正確な色合いに気を取られることなく、この方法で見つけやすくなります。すべての暗い布地またはすべての明るい布地から作られたキルトは、ライトとダークの組み合わせで作られたものとは非常に異なります。 [gallery ids="2319"] キルト生地は好みで選びます、正しい答えはありません。- あなたが生地の組み合わせの外観が好きなら、それをあなたのガイドにしましょう!おおまかな目安として、45 x 45 cmの枕の場合、クッションの前に2分の4分の1以上の布地は必要ありません(1分の1の布地は、約56 x 50 cmまたは18 x 21インチのキルティングショップで販売される布地のカットです)。 [gallery ids="2320"] 最後に、枕の裏側になる布を選ぶ必要があります。あなたがクッションの前面のために選んだ布地によく合うのを選んでも反対色でもきれいです。裏側には、布地が1m必要です。これは、クッションの内側にあり、仕上げ時には見えませんが、キルティングをより簡単にする、枕の前面の裏当てとして使用する正方形を含みます。