完了 ×

設定を変更する

バイ Kazumi オン 19/02/2018

チェック柄が好き!大好き!

チェック柄が好き!大好き!

[gallery ids="2026"] インテリア雑貨に人気の高いバッファローチェック、ギンガムチェックのフランネルシャツまで、チェック柄のデザインはますます増えています。一口にチェックといっても様々なパターンがあり、意外にも多くの違いと歴史があります。今日は、チェックとギンガムの違いに焦点を当てます。   チェック 一般に、チェックは、色の組み合わせが自由になります。例えば同じ色の色相を含むミュートされたもの、または明るい色と暗い色を使用して大胆な構図の格子もあります。また、水平方向と垂直方向に多くの異なるサイズのストライプを含むものもあります。 タータン、マドラス、タッテーザールなど、歴史と伝統が豊富なチェック柄のサブカテゴリが数多くあります。特にスコットランドのキルに使用されるタータンのような伝統的な地域の衣服を作る際によく使用されます。   [gallery ids="2027"]   ギンガム 一方、ギンガムは常に白と他色の組み合わせになります。水平と垂直に走るストライプは同じ幅です。ギンガムは、よりカジュアルなアイテムでよく使用されますが、ドイツの民族衣装、Dirndlなどの伝統的な衣服にも使われています。かつてはアメリカとヨーロッパの労働者階級のための服の柄として使われました。伝統的に、ギンガムは100%コットンまたはリネンで作られていますが、現在は他のブレンドでも製造され、衣服から家庭装飾までのあらゆる用途に使用されています。   [gallery ids="2028"]   やっぱりチェックは、上品でかわいいですね。