Wunderlabelは通常通り営業しており、カスタマーサービスチームがお客様をサポートします。新型コロナウィルスの影響での 最新情報については、Covid-19情報ページをご覧ください。

完了 ×

設定を変更する

居住国を選んでください。

バイ Wunderlabel.JP オン 02/06/2020

シンプルニットヘッドバンドをハンドメイドで | Image

シンプルニットヘッドバンドをハンドメイドで


シンプルニットヘッドバンドをハンドメイドで
 

寒くても太陽が輝いているとき、暖かい帽子をかぶる気がしないかも。そんな時はレザーラベルの付いたヘッドバンドがオシャレで便利です。簡単に仕上がるヘッドバンドは春まで使える必須アイテム。この無料チュートリアルでは、簡単にヘッドバンドや耳の暖かいを編む方法を紹介します。

材料

以下の材用で57㎝のヘッドバンド(普通サイズ)ができます
 
● 25 gのウォルバット アクア (75% バージン ウール、25% ポリアミド 100 g = ca. 420 m) または色のグラデーションと同様の種類のウール
● 3.5㎜の編み棒


ゲージ

36ステッチ/44列=10cm(メーカー別)

3.5 mm (ba mboo) 針で編む場合、34 針/ 40 列 = 10 cm


”モスステッチ
モスステッチでヘッドバンドを編み上げます


1番目の行と2番目の行(後列):ニット1、パール1、ニット1・・・
3列目と4列目(後列):パール1、ニット1、パール1・・・
パターンのエッジステッチを作ります

ヘッドバンドを編む

.
頭囲を測定し、(ここでは57 cm)、頭の周りに編み物を置いて、長くなりすぎないように注意します。
スカーフのように最初の作品を作る:長さが50cmnになる40ステッチを拾い上げ、上記のパターンで作業します。

その後、細い部分を作ります - 長さ6-7cmまでニット1の5ステッチします。

細い部分の下に大きな部分を配置し、大きな部分の真ん中に沿って輪にします(一緒にスリムな作品の端を編みます)。


その後、残りのスレッドを縫い上げ、好みに応じてシンプルなヘッドバンドを整列させます。色に合わせて調整するのが一番です。

仕上げにレザーラベルををヘッドバンド縫い付けることができます。ラベルはWunderlabelを通じて購入することができます。自分でもっていも嬉しいうえに、素晴らしい贈り物のアイデアにもなります。

迅速かつシンプル:簡単にモスステッチでヘッドバンドを編む方法は、この無料ブログの指示に従ってく