重要お知らせ:必ずご覧ください】5月20-24日までご相談はメールのみになります。決済からサイトへの反映までお時間をいただきます。納期は遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。最新のお知らせ

完了 ×
ショップ 
flag_ja
 / 言語 
flag_ja
English
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Português
日本 ( Japanese )
Svenska

Unsere deutschsprachigen Shops

Nos boutiques francophones

Nuestras tiendas de habla hispana

Nuestras tiendas de habla italiana

Onze Nederlandstalige winkels

Nasze sklepy mówiące po polsku.

Nasze sklepy polskojęzyczne

私たちの日本語を話す店舗

Våra svensktalande butiker

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 2022/02/21

壁掛け収納バッグをハンドメイド

壁掛け収納バッグをハンドメイド- チュートリアル

裁縫室、バスルーム、子ども部屋などを使いやすくするために、場所をとらない壁掛けタイプの収納バッグを作りましょう。 一度に複数の収納バッグを作ると色々な場所で使えます。Wunderlabel無料のチュートリアルの簡単な手順に従って、壁掛け収納バッグを簡単ハンドメイド。 このサンプルの「バブルポッド」は約24x29cmです。

どのくらいの大きさの収納バッグが理想ですか。

使いやすい収納バッグは、約24 x 29cmの大きさほどです。 ただし、実用に応じてにパターンを自由に調整してください。 

壁掛け収納バッグにはどのようなインターフェースが適当ですか。 

より厚い芯地が、壁掛け収納バッグをより頑丈にするのに役立ちます。 芯地を生地に縫い付けます。 または、アイロンタイプの芯地を使用して、アイロンで接着することもできます。

壁掛け収納バッグの材料:

・柄物コットン生地1、60 x 100 cm
・柄物コットン生地2、60 x 100 cm
・ハンギングループと端用の薄いポリエステル生地(バイアステープ)、5 x 50cmと5x 30 cm
・インターフェース(内芯)、50 x 50 cm
・ミシン糸
収納バッグのダウンロードパターン(1cmの縫い代なし)、pdf
・Wunderlabelの織りネーム

手順    

1.収納袋を縫うためのパターンが必要になります。 パターンを印刷することから始めます。 拡大縮小せず、100%で印刷してください。 パターンには縫い代(+ 1cm)は含まれていません。
収納バッグのサイドピースは折り目にカットされています。 

布を下記のサイズでカットしてください:  
・2つの円(それぞれ直径21 cm +縫い代1cm)
・両生地のサイドピース2枚(柄:下67cm、上62cm。高さ:側面27cm /中央18cm)
・パターンの生地に一致するインターフェース素材の2つのサイドピース
・Vlieselineとの芯地の2つの円(直径21cm +縫い代1cm)
・つるすためのポリエステル生地の1x 5 x 16cmストリップ
・端用の1xポリエステル生地ストリップ(バイアステープ/バインディング)2 

壁掛け収納バッグをハンドメイド

2.各生地の下部の円を正しい位置に固定し、芯地と一緒にトップステッチします。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

3.オリジナル織りネーム(今回はメランジカラーのスタンダードタイプ)を縫い付けます。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

壁掛け収納バッグをハンドメイド

4.サイドピースを一緒にトップステッチします(水平方向に3 x、垂直方向に7 x)。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

開いた縫い代を手に取り、左右に5 mmの隙間を空けて固定し、2つの縫い目が隣り合うようにします。
このステップにより、収納バッグの安定性と形得られます。 

壁掛け収納バッグをハンドメイド

5. ループを作る(16cm):両端を中央に向かって1.5cm折り、アイロンをかけ、ジグザグステッチで縫い合わせます。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

ループの端を左右に1.5cm折り、縫い付けます。 これにより、ストラップの端がほつれるのを防ぎ、バスケットをつるしたり運んだりするためにより頑丈にします。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

6.底と収納袋の壁をチョークで4等分して印を付け、ピンなどで留めます。
下部と外壁の両方が一致するようにマーキングを合わせます。

サイドファブリックピースをそれぞれのボトムパターン(モチーフ1からモチーフ1、モチーフ2からモチーフ2)と一緒に固定して、2つのバッグ(内側のバッグと外側のバッグ)ができるようにします。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

内側の部分についても同じ手順を繰り返します。

下部の縫い代を少し切り込み、縫い目まで横に並べ、切り込みを均等に配置します。 これにより、丸みのある形になり、縫製が容易になります。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

7. インナーバッグをアウターバッグに入れます。 2つのバッグの縫い目は、互いに向かい合う必要があります。
2つのバッグを均等に固定し、端を測定して、突き出たインターフェース部分を切り取ります。 

壁掛け収納バッグをハンドメイド

ジグザグステッチを使用して、上端をポリエステルバイアステープでとめます。

壁掛け収納バッグをハンドメイド

これにより、伸縮性がうまれます。 また、端を折り返して両方の生地を出せます。 

壁掛け収納バッグをハンドメイド

仕上りました。
 

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。