重要:必ずご覧ください】大変申し訳ございませんがパンデミック等の影響にて記載納期より遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。Covid-19情報ページ

完了 ×

言語

日本 ( Japanese ) JA
flag_ja
Englisch
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Portugalski
日本 ( Japanese )
Svenska

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 01/03/2022

ニットヘッドバンド

ニットヘッドバンド

ニットのヘッドバンドは、寒い季節に便利なアクセサリーです。年齢や性別を問わず使用できて、どんな服とも組み合わせることができ、スタイリッシュな人々に愛されています。 複数のヘッドバンドを持っていると便利なので、好きな色で編んでみませんか。 すぐにこの無料のチュートリアルではじめてください。

ニットヘッドバンド

ヘッドバンドには何ステッチ必要ですか。

ステッチ数は、糸と編み針のサイズによって異なります。 例えば。 長さ180m / 50 g、針サイズ4の糸の場合、32針でキャストします。

頭囲58〜59cmのケーブルヘッドバンドの長さは。

このチュートリアルは、長さ48cmのケーブルニットヘッドバンドを対象としています。 ヘッドバンドのストレッチは、たとえば緩く編んだ場合など、変化する可能性があることに注意してください。 したがって、45cmの長さで一度試着をしてください。 ヘッドバンドが頭にぴったりとはまればそのまま端を縫い合わせることができます。 

ケーブルパターンのニットヘッドバンドの幅はどのくらいですか。

ヘッドバンドには9cmの幅が理想的です。 太い糸はより広いヘッドバンドになります。 両側にリブを付けて幅を追加することもできます。

ニットヘッドバンドをハンドメイド: 材料

- 100 g  毛糸 (長さ約180 m )
- 編み針4号
- ケーブル編み用 編み針
- 織りネーム カスタマイズ

編み方

Step 1.キャストオン32ステッチ

ケーブルパターン

ケーブルパターン

Step 2. 5列をメリヤス編みで作業をする
Tip: 表面を美しく見せるために、常に各行の最後のステッチを引っ張ってください。 そして、そのまま、各列の最初のステッチを拾います。 

Step 3. 6行目では、クロスステッチを開始してケーブルパターンを作成します。最初のステッチをスリップし、ケーブルニードルに5ステッチを置き、ファブリックの前面に保持し、左側の針から5ステッチを編み、5を編みます。 ケーブル針からステッチ、10ステッチを編み、ケーブル針に5ステッチを置き、生地の後ろにそれを保持し、5ステッチを編み、ケーブル針から5ステッチを編み、最後に最後のステッチを引っ張ります。 

Step 4. 5列をメリヤス編みで作業をする

Step 5. 12列目で次のようにもう一度ステッチを交差を始めます:最初のステッチを滑らせ、ケーブル針に5針を置き、生地の後ろにそれを保持し、左側の針から5針を編み、ケーブル針から5針を編みます 、10針を編み、ケーブル針に5針を置き、生地の前面でそれを保持し、5針を編み、ケーブル針から5針を編み、最後に最後の針を引っ張ります。 

Step 6. 目的の長さ(約50 cm)に達するまで、上記の手順を繰り返します。 

Step 7. ヘッドバンドの端どうしを縫い合わせます。

Step 8. 仕上げにWunderlabelの織りネームを縫い付けてください。 

ニットヘッドバンド

できました!
Tip: ケーブルニットヘッドバンドを洗う時には、お手入れ方法を確認してください。

ニットヘッドバンド

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。