重要:必ずご覧ください】大変申し訳ございませんがパンデミック等の影響にて記載納期より遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。Covid-19情報ページ

完了 ×

言語

日本 ( Japanese ) JA
flag_ja
Englisch
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Portugalski
日本 ( Japanese )
Svenska

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 12/12/2021

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル

寒い季節に温かい犬用ニットセーターを作りませんか。
ポンポン付きのドッグセーターは、小さな犬種に最適です。ウインターホリデーを
愛犬と楽しく過ごしましょう。
自分用のアグリークリスマスセーター と犬用ニットセーターをお揃いで作ってもかわいいですね。
ドッグセーターは見た目が素晴らしいだけでなく、温かいのでワンちゃんの外出にどうぞ。 このチュートリアルは、ニットとプルのパターンのみを使用しているため、編み物初心者でもはじめられます。

犬のセーターはオス、メスとも同じ手順で編めますか


犬のセーターの編みパターンを使用している場合は、いくつか質問があるかもしれません。 そのうちの1つは、オスとメスのどちらの犬でもパターンを変更する必要があるかどうかです。
男性と女性の犬のセーターは基本的に同じです。 唯一の違いは、男性の場合、腹部の切り欠きを深くする必要があるということです。 これは、この領域の少し前にステッチを外すことで実現できます。

犬用セーターにはどのような毛糸を使用すればよいですか

犬用セーターの毛糸を選ぶとき、心に留めておくべきいくつかの重要なポイントがあります。 ウールは暖かく、特に寒さに敏感な小型犬に適していますが、化繊ブレンドは非常に柔らかく安価です。 靴下用のウールは、多くの洗濯物によく耐え、その形状を維持するため、犬のセーターに最適です。 通常、ウールとポリアクリルの混合物で構成されています。 靴下用の毛糸がお勧めです。

小型犬のセーターにはどのくらいの毛糸が必要ですか


必要な毛糸の量は、犬のサイズだけでなく、毛糸の種類、針のサイズ、編み方によっても異なります。 経験則として、小型犬や子犬用のプレーンニットセーターは約100gの毛糸が必要です。 パテントやケーブルニットのパターンなどの編み方では、より多くの糸が必要になることに注意してください。


犬のセーターのステッチを計算するにはどうすればよいですか


ステッチを正しく計算すれば、犬用セーターのパターンを着せたい犬に合わせて調整できます。 これを行うには、次のことを行う必要があります。1)犬を測定する(首周り、背中の長さ、腹の長さ、胸囲)。 2)編みパターンを10 x 10cmにします。 3)ステッチと列を数えます。 4)ステッチ数を10で割って、センチメートルあたりのカウントを取得します。 5)センチメートルあたりのカウントに目的の長さを掛けます。


材料:

  • 100 g 毛糸- (訳260 m )
  • 編み針Nr. 2
  • ポンポン(飾り)をつくる分の毛糸Yarn pieces to make the pom poms
  • ラベル

ニットサンプル:

着せる犬を正しく測定し、セーターが完全にフィットするようにステッチサンプルを作成することが重要です。 この場合、「ドッグセーター(犬用セーター)の編みパターン」は、背中の長さは29 cm、腹の部分は22 cm、胸囲は36cmです。 10 x 10 cmのニットサンプルには、20ステッチと30列が含まれています。


ステップbyステップ ニットのドッグセーター
ニットドッグセーターは、上から下に丸く編まれています。 このチュートリアルは、雄犬用のドッグセーターを対象としています。


Step 1. 56ステッチでキャストオン

Step 2 .4本の針で等間隔で縫みます。円の中でキャストオフ。


ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル

Step 3. 先は5〜6cmのリブ編みです。

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル

Step 4.  レグランパターンでステッチ。

  • 28ステッチ–バックセクション
  • 6ステッチ–腕
  • 16ステッチ–お腹
  • 6ステッチ–腕 


ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル

図では、レグランパターンが赤でマークされています。 ここでは、新しいステッチが2行ごとに増加します。 端の最初と最後のステッチの両側でこれを行いますが、腹の部分に新しいステッチを追加しないでください。レグランラインAは左側でのみ新しいステッチを取得し、レグランラインDは右側でのみ新しいステッチを取得します。 レグランラインBとCは、両側に新しいステッチが施されています。 後ろの部分が48針、袖がそれぞれ24針、腹の部分が16針になるまで、このように続けます。

Step 5. 左の糸の尾を使って脚の開口部にキャストし、余分な4つのステッチを拾い上げ、後ろの部分にステッチを編みます。 再び2番目の脚の開口部でキャストし、4つの余分なステッチを拾います。 針には72針のステッチがあります。


ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


Step 6. 3㎝の丸編みです。


Step 7. お腹部分の両側を2針編みます。 4ラウンド編み、これをもう一度繰り返します。 さらに4〜6ラウンド編みます(犬に合うように長さを調整してください!)。


Step 8. お腹の最後の2cmをリブ編みにして、セーターがぴったりとフィットするようにします。 お腹の部分を結びます。

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


Step 9. ここからはラウンドで編むことができなくなるので、列ごとにピースを回転させる必要があります。 残りの部分をリブ編みのパターン(6〜7cm)で前後に編みます。 犬に合うように長さを調整してください。

Step 10. 編み針の余分な糸を使用して、脚の開口部の周りをステッチします。 セクション間に4つの余分なステッチをキャストします。 丸編みで1〜2cmのリブ編みをしてからキャストオフします。
この時点で、DIYの犬用セーターがほぼ仕上がりますが、かわいい飾りの追加もできます。ポンポンを追加することをお勧めします。 

ポンポンを作りましょう
簡単にポンポンが作れます。愛犬と自分のセーターにお揃いのポンポンはいかがでしょうか。You 
不要な段ボールで輪を2つ作ります。 

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


重ねて毛糸をまきつけます。

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


はさみの先を段ボールの間にはさみ毛糸を切ります。

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


長めの毛糸をポンポンに通し結びます。段ボールは切って外します。


ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


いくつポンポンがいるか、どんな色にするかはお好みです。 
仕上げにWunderlabelのラベル をつけましょう。.

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル

ニットのドッグセーターをハンドメイド- チュートリアル


ヒント:
複雑すぎる場合は胴体(お腹)部分で分割しましょう。互いの列(交互の後ろ-右のステッチ、後ろ-プルのステッチ)で編んで、それから完成した部分を一緒に編みましょう。

ドッグセーターが出来上がりました!

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。