重要:必ずご覧ください】大変申し訳ございませんがパンデミックの影響にて記載納期より遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。Covid-19情報ページ

完了 ×

設定を変更する

居住国を選んでください。

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 01/31/2022

ニットのヘッドバンドの編み方

チュートリアル:ニットのヘッドバンドの編み方

ツイストのあるニットヘッドバンドは、冬のワードローブに即追加されます。 ヘッドバンドを自分で編むことの利点は、幅を選択できることです。 今日は、耳を完全に覆い、スタイリッシュに見える幅の広いヘッドバンドを作ります。 お気に入りの色の毛糸を選択して、ツイストのあるおしゃれなヘッドバンドを編みましょう。 

ツイストヘッドバンドとは。どのようにツイストを作りますか。

ツイストヘッドバンドは、フロントでツイストされたニットヘッドバンドです。 ニットのヘッドバンドのこのねじれは、特定の方法で端を縫い合わせることで製作できます。 詳細については、以下の手順をご覧ください。

頭囲58〜59cmのツイストヘッドバンドには何針縫う必要がありますか

ツイストヘッドバンドを頭囲58〜59 cmで編むには、糸が太すぎない場合(約50 g / 150 cm)、37針でキャストします。

ツイストニットヘッドバンド 材料:

-柔らかい糸100g (50 g / 150 m)
-編み針3番 
-タペストリー針
-織りネーム

ツイストヘッドバンド:チュートリアル

初心者の方は縦編みが簡単です。 画像を見てください。

Step 1. 37ステッチでキャストオン。

Step 2.バンドの長さが56 cmに達するまで、列を前後に編みます。 このデザインの一番いいところは、好みやスキルレベルに合わせてパターンを調整できることです。 両方の列のすべてのステッチを単純に編むか、交互に編んでプルすることでリブパターンを得ることができます。 しかし、もっと興味深いバリエーションを提案したいと思います。 このパターンで編むと、リブ(写真で緑色にマークされています)が特に目立ちます。

ツイストヘッドバンド 編みパターン

ニットのヘッドバンドの編み方

ニット編みチャートシンボル:

ニット

プル

56㎝になるまでチャートを繰り返してください。 

ニットのヘッドバンドの編み方

Tip:  ニットヘッドバンドにどのパターンを選択したかに関係なく、各列の最初のステッチを編むのではなく滑らせます。 そして、すべての行の最後のステッチをプルする必要があります。 これにより、カールしない境界線が作成されます。 

Step 3. キャストオフします。

Step 4. 両端を中央で折り、端を向かい合わせにします。最終的には、写真のようにします。

ニットのヘッドバンドの編み方

Step 5. 端を縫い合わせてツイストを作ります。 

ニットのヘッドバンドの編み方

Step 6. オリジナルな仕上がりのためにWunderlabelの織りネームを縫いつけましょう。

ニットのヘッドバンドの編み方

ニットのツイストヘッドバンドは家族や友人へのプレゼントにも最適です。ラッピングにはWunderlabelのステッカーで仕上げをしましょう。

ニットのヘッドバンドの編み方

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。