完了 ×

設定を変更する

居住国を選んでください。

バイ wunderlabel オン 22/11/2019

キルトスローピローをハンドメイドで: ポスト 3: フロントを縫う | Image

キルトスローピローをハンドメイドで: ポスト 3: フロントを縫う

キルトシリーズの3番目の投稿は、カバーのフロント部分を縫います。フィニッシュラインまであと半分です!
#ワンダーラベル #ワンダーラベルAreTheBest  #ワンダーラベル効果 #ファブリックラベル #キルトシリーズ #ディキルテッドピロー#quilting101 

材料
・ ポスト2から生地
・ 定規とお気に入りのファブリックマーキング方法 - テーラーのチョークまたはファブリックマーカー
・一致する色の糸(ほとんどの色合いとよく調和するので、薄い灰色をサンプルで使用)
・ ピンまたはクリップ
・ 縫い目を押すためのアイロン
・はさみまたは回転式カッター

すべてのコーナーがきちんと並んで、デザインの必要に応じてペアで一緒にあなたのファブリックの正方形を配置します。前回の投稿では、中央の行で左端のデザインを使用する予定でしたが、代わりに一番上の行の左端のデザインに切り替えることにしました。したがって、この例では、各ピンクの生地が青い生地と組み合わされ、軽い生地が一緒になり、暗い生地が一緒になります。

いずれかのファブリックの間違った側に、コーナーからコーナーに斜めに線を描きます。この線に沿ってカットしないでください、あなたはすぐに縫うためのガイドラインとしてそれを使用するつもりです。両側にあなたのラインから少し離れた方法で一緒にあなたの正方形をピン留め。

ガイドラインの両側に沿って縫い、0.75cm(1/4 in)離れて。ミシンプレス足の「つま先」は、多くの場合、この幅ですので、ガイドラインの上にプレスナーフットの外側を維持し、針を中央の位置に保つことによって判断することができます。私たちが使用している歩行足などの広い足では、0.75cm(1/4 in)の縫い目の許容量を示すマーキングが多いので、代わりにガイドラインに並ぶことができます。

今中央線に沿ってカットし、色が暗い生地の一部の縫い目を押します.。2つの半正方形の三角形を作りました!ファブリックの正方形の他のペアについても同じ手順を繰り返して、合計 4 つの半正方形の三角形ブロックを作成します。

デザインを示すように、ブロックの右側を 2 つ一緒に配置します。一致する必要がある継ぎ目がある場合は、縫い合わせ中にこれらのポイントがシフトしないように、これらのポイントを直接ピン留めするのに役立つ場合があります。それ以外の場合は、エッジに沿って正方形をピン留めまたはクリップするだけです。

この縫い目を0.75cm(1/4in)の縫い目の許容量で縫い、他の正方形のペアのために繰り返します。縫い目を片側に押します。私たちのようなピンホイールを作る場合は、次のステップで中心点を一致させるのが容易にするので、縫い目がすべて同じ方向に進むようお試しください。

次に、2 つのセクションを一緒に配置し、重要なポイント (ピンホイールの中心など) を再度ピン留めし、残りをピン留めまたはクリッピングします。

0.75cm(1/4イン)の縫い目の許容量と一緒に縫い、片側に縫い目を押します。可能であれば、中央のスパイラルで縫い目を凝集させ、1つの場所にバルクが多すぎないようにして、クッションフロントのトリックをキルティングしてみてください。

スローピローフロントのトップが完成!

続きは来月に!