重要お知らせ:必ずご覧ください】5月20-24日までご相談はメールのみになります。決済からサイトへの反映までお時間をいただきます。納期は遅れる場合がございます。必ずこちらのページをご覧ください。最新のお知らせ

完了 ×
ショップ 
flag_ja
 / 言語 
flag_ja
English
Deutsch
Français
Español
Italiano
Nederlands
Polski
Português
日本 ( Japanese )
Svenska

Unsere deutschsprachigen Shops

Nos boutiques francophones

Nuestras tiendas de habla hispana

Nuestras tiendas de habla italiana

Onze Nederlandstalige winkels

Nasze sklepy mówiące po polsku.

Nasze sklepy polskojęzyczne

私たちの日本語を話す店舗

Våra svensktalande butiker

通貨を選択してください

バイ Wunderlabel オン 2022/03/21

おくるみを編もう

おくるみを編もう

新生児用のかわいいおくるみは、赤ちゃんに安らかな眠りを与えます。いくつあっても足りないのが赤ちゃん用品ですから、プレゼントにしても喜ばれます。 暖かさと安全性のにすぐれたおくるみはママのお腹の中のように赤ちゃんを安心させてくれるはずです。手作りのおくるには美しい編み物のパターンがあります。 シンプルだけどユニークなスタイルを選びました。 今日は、おくるみと呼ばれることもあるニットの赤ちゃん寝袋を編む方法を紹介します。 Wunderlabelの無料チュートリアルを使用すると、新生児用のおくるみを簡単に編むことができます。 始める前に、以下の2つの点に注意してください。

赤ちゃんのおくるみを作るときの注意点

何よりもまず、サドルラップを編むために使用する糸の種類に注意を払う必要があります。 ニットの寝袋は、寒い季節ばかりでなく暖かい季節にも使用されます。 寒い季節には100%ウールまたはポリエステルが適していますが、暖かい季節に使用する生地には綿が最適です。
結び目や三つ編みなどの厚いテクスチャのパターンは、赤ちゃんの肌に対してざらざらしている可能性があることに注意してください。 これらの装飾的なテクスチャを含まないパターンを選択することをおすすめします。

赤ちゃんのおくるみを編むのに最適な毛糸の素材

新生児用のおくるみを編みたい場合は、プロジェクトで使用されている糸の品質と種類にも細心の注意を払う必要があります。 赤ちゃんや幼児は敏感肌なので、柔らかい肌を刺激しない毛糸を使用することが重要です。 糸は、引っかき傷がなく、糸や毛玉が多く発生しない素材がベストです。 おすすめは高品質の綿とメリノウールです。 アクリル糸は柔らかく、肌にやさしく、お手入れも簡単なので、子ども服にも適しています。 また、合成繊維は動物性物質を含まないため、低アレルゲンです。

赤ちゃんのおくるみを手作り 材料:

- 200 g 毛糸 (50 g = 120 m), 50% メリノウール50% ポリアミド
- 編み針 3,5 – 4 mm (US サイズ 4 - 6)
- 12 個のボタン

フリー編み物チュートリアル

新生児用のニットおくるみのデザインは驚くほどシンプルで、完成品にも満足するでしょう。 長さ100cm、幅35cmの長方形のニットで、両側にボタン用の穴が開くタイプです。 

1. 72針でキャストし、パターンで2〜3 cm編みます。1列のニットとプルを交互に行い、次にプルとニットの列ごとに交互に、次の列のニットとプルを交互に繰り返します。 

2. 7行目に、両側にボタン穴を作成します。 これを行うには、3番目と4番目のステッチを一緒に編んでから、ボタンホールステッチを68ステッチ後の列の最後で編んで、ボタンホールステッチを編んで、69と70を一緒にステッチします。

3.次のパターンを使用して、最後までステッチします。

おくるみ 手作り

編み物パターン:

| - 編む

/ - ステッチを一緒に編む

□ – パール

4.最初の6針はパターンで編まれ、次に2つのプルステッチ、次に6つのニットステッチ(7列ごとに結ばれる)、2つのプルステッチ、チェックパターンの40ステッチ、2つのプルステッチ、6つのニットステッチが続きます。 (7列ごとに結ばれています)、2つのプルステッチ、およびパターンの6つのステッチです。

5.ボタンホールは、長さが約40 cmに達するまで8〜9 cmごとに繰り返されます(各側に6つのボタン)。 残りの60cmはボタンホールなしで編みます。
おくるみ 手作り

6.ステッチを外し、ニットストリップを縦半分に折ります。 フードを形成するために2つの側面を一緒に縫い合わせます。

ヒント:
赤ちゃんのおくるみにフードをつけると実用的です。 赤ちゃんの頭を覆うことで、寒い日でも赤ちゃんは暖かく居心地の良くいられます。
ステッチを2本の編み針に分けてから一度に2針をキャストすることで、両側を取り付けてフードを作成できます。

おくるみ 手作り

7. 最後の仕上げにボタンを縫い付けます。そして手作りのおくるみにWunderlabelのラベルをつけましょう。

おくるみ 手作り

完成です!
 

アイデアを保存しましょう


ブログページをお気に入り/ブックマークに追加して、簡単に早く見たいページを開きましょう。
以下のように追加してください:

  • コンピューター:使用しているブラウザに応じて、右上のアスタリスクまたは3つのドット, または左上のブックアイコンをクリックします。
  • スマートフォン: 右上の3つの点をクリックしてから、アスタリスクをクリックします。
  • iPhone:下の本のアイコンをクリックして、ブックマークまたはリストへのリンクを追加します。