Custom Clothing Labels
Hang Tags & more

キッズベルトをハンドメイドで

夏休みが終わると気分一新したいもの。そんなお子さんのためにおしゃれなキッズベルトをいらない生地を利用して作ってみませんか。

 

材料 (仕上がり2×67㎝)

– 生地 はぎれ生地

– 2 x Dリング – サンプルは2.5㎝幅ですが、製作希望サイズに応じてより広いものや狭いものを使用することができます。

– インターフェイス(内側の布地) – 軽量の織りタイプのインターフェイスであるG700を使用しました.

 

– 縫い糸

 

子供のウエストを測定し、ベルトの長さはウエストに16.5cm(6.5in)を加えます- サンプルはウエストの測定は56cm(22in)だったので、72.5cm にしました

 

布地を切断し、インターフェースを取る。両方の場合、ストリップは、前のステップで測定した長さと6.5cmの幅、または異なるサイズのDリングを使用している場合はDリングの幅の2倍に1.5cmにします。製造元の指示に従って、生地の裏側にインターフェイスを付けます。

 

 

生地の右側を合わせ、長い側を一緒に折ってください。長い辺に沿って0.75cmの縫い代余裕で縫い合わせ、縫い目の始めと終わりにバックステッチします。

 

 

布のチューブを正しい方向に回して、片側に沿って継ぎ目が走っているフラットを押してください。両方の長辺に沿ってトップステッチをします。

 

 

ベルトの一端で、生地を0.75cm、もう一度1.5cm折り曲げて裾を作ります。トップステッチをします。

 

 

前と同じようにDリングをベルトと裾に再び通し、Dリングをベルトの端にある折り目の内側に押し込みます。

 

 

 

ベルトを使用するには、Dリングを通って端をスライドさせて戻し、最初のDリングの上と2番目のDリングの上に押し込みます。

 

フォローとシェアを!
Facebook
Facebook
INSTAGRAM
RSS
フォローする

コメントを残す

ブログはいかがでしたか?お友達にもお伝えください。

Facebook
Facebook
INSTAGRAM
RSS
フォローする